ムーミン谷に住みたい

インドア派27歳独身、ミムラです。お気に入りのモノや印象深い出来事を淡々と綴ります。

初夢のはなしその2。犬と猫

昨日の夢はアテにならなかったということで、今日はかなり暗示をかけて眠りにつきました。
そのかいあってか、わりとはっきりと覚えて目覚めることに成功。

今日見た夢で印象に残ったモノは大きく六つ。
①テレビを消す
②犬
③時刻

④絵本
⑤猫
⑥こども

他の人はどうかわからないけど、わたしの夢は二本立てになっていることが多いのです。
①②③で前半、④⑤⑥が後半というかんじでした。

さっそく調べてみたところ、
①「テレビを消す」…吉凶で意味合いが分かれるけど、吉だと自分で困難な事態を解決できる、凶だと現実逃避。
②「犬」…犬がくねくねの道を歩く夢だった。犬は男性を表すらしいので、今後お付き合いするのが難しいということを暗示しているのかも。
③「時刻」…テレビに時刻が映っているのが印象的だった。月だったり日だったり、重要なできごとが起きる暗示らしい。

続けて後半。

①「絵本」…こどものような純粋な気持ちを持てばうまくいくとのこと。
②「猫」…犬と反対に女性を暗示。ライバルを意味することも?
③「こども」…わたし自身がこども関係の仕事をしているので、あまり深い意味はないと思われます。

総合判断。
テレビを消すという行為で解釈が分かれるところですが、夢の中の印象だと、これ以上見ても仕方ないから思い切って消すぞ!というかんじだったので、吉夢と判断。
後半の夢と併せて考えると、難しく考えすぎず、直感でいいと思う人にいきなさい、ということかなぁと。
現在気になる人がいる時分としては嬉しい夢でした。